送電線タワー

製品モデルの言葉は次のとおりです。

タワー、パイロン、トーレ、スチールタワー、サスペンションタワー、ストレートタワー、アングルスチールタワー、自立タワー、絶縁体ストリングタワー、送電線タワー

備考:

供給範囲:

√ASTM規格またはその他の国際規格での設計

√シルエット図

√計算メモリ

√設計図

√製造と亜鉛メッキ

√絵画

√サンプルテスト

√定期テスト

√プロトアセンブリテスト

√負荷テスト(NDT-非破壊検査)

√負荷テスト(DT-破壊テスト)

√国際梱包指示

√工場での無料保管

√AS-BUILT図面


製品の詳細

製品タグ

説明:

送電線、配電および変電所の鉄塔、鉄骨柱、鉄骨構造物、通信塔、モノポール、道路照明および関連付属品用のランプ柱、電化鉄道の鉄骨柱、コンクリート柱のパッケージ供給を提供します。ISO証明書を除いて、AWS溶接証明書、ASTM標準証明書、Nch 203チリ証明書、コロンビアのRETIE証明書、コスタリカの原材料品質証明書、積載試験など、さまざまな市場および技術認証を取得しています。

技術的パラメータ:

タイプ Suspension タワー、テンシオン タワー , ターミナルタワー、送電線タワー
に適う 配電送電線
コノイド​​、マルチピラミッド、円柱状、多角形または円錐形
材料 通常、Q345B / A572、最小降伏強度> = 345n / mm2を主材料として
Q235B / A36、最小降伏強度> = 235n / mm2-補助材料としてQ420B
寸法公差 + -2%
電源電圧 10 KV〜1000KV
設計荷重(kg) 極まで50cmに300〜3000Kgを適用
マーキング 顧客の要求に応じて、リバートまたは接着剤、彫刻、エンボスを通してプレートに名前を付けます
表面処理 溶融亜鉛めっきASTMA 123に準拠し、カラーポリエステルの電力、塗装、またはクライアントによるその他の規格が必要です。
ポーランド人の関節 スリップジョイント接続またはフランジ接続
ポールのデザイン 数量が多い場合は無料で設計できますので、クライアントが設計パラメータを提供する必要があります。
標準 ISO 9001:2008 CE:EN 1090-1:2009 + A1:2011
セクションごとの長さ スリップジョイントなしで一度成形すると14m以内
溶接 サブマージアーク溶接、内部および外部の二重溶接により、溶接シームの形状が美しくなります
溶接規格:AWS(アメリカ溶接協会)D 1.1
厚さ 1mmから50mm
生産工程 原材料試験→切断→成形または曲げ→溶接(縦)→寸法確認→フランジ溶接→穴あけ→校正→バリ取り→亜鉛メッキまたは粉体塗装、塗装→再校正→ねじ→パッケージング
パッケージ 上部と下部のマットまたはストローベイルによる通常のカバーとしてのポールは、とにかくクライアントが必要とすることもできます。各40HCまたはOTは、クライアントの実際の仕様とデータに基づいて計算されるPCの数をロードできます。

  • 前:
  • 次: